提供コンテンツ例:和洋国府台女子中学高等学校様の事例

和洋国府台女子中学高等学校様では、高校1年生全学年160名が対象。生徒8名の運営メンバーと9名のサポートメンバーが企画を主導し、JSBN運営メンバーが監修。『Hope for the future~今変わらなければ未来は変わらない~』をテーマに、生徒は学校、ゲストはオンラインという環境で開催しました。

wayo A.png

プレイベント開催

本イベントの3か月前、JSBNの紹介および、「先輩社会人・大学生のキャリアから考えるイキイキと生きる方法」というテーマでJSBN運営メンバーによる座談会を実施。終了後、本イベントに向け生徒運営メンバーを募ったところ多数の応募あり。

①運営メンバーキックオフ

生徒運営メンバー10名、JSBN代表真坂の講演動画視聴

モチベーショングラフの記入+ワークシートの記入

②ゲストのライフストーリー共有(20分×2)

生徒10名対ゲスト1-2名、モチベーショングラフを投影しながら、今までどのような選択が幸福度を高めたのか、今後どんな夢や目標を持っているのかをお話しいただきました。

③生徒のこれまで・これからの選択を考える(50分)

生徒4-5名対ゲスト1-2名、生徒記入のワークシートを参考に、過去の選択や、将来の夢から今後どのように人生の選択をしていきたいのか、生徒一人ひとりが考え、ゲストと話し合いました。

wayo A.png

④グループ内での振り返り、クラス全体での学びの共有(25分)

ゲストとの対話、ワークを通じて改めて感じたこと・気づいたことをグループ内でシェア。各グループの代表者がクラス全体での振り返りで発表。

IMG_0672.JPG